メルカリとメルカリSHOPsの違い、出品者目線で徹底解説 古着転売はどっちがおすすめ?

スポンサーリンク

お世話になります、 ジャンフル(@janfull4857)です。

北近畿で古着を中心に店舗で買取販売しております。

メルカリについて今回ブログを書いて行きます。

ジャンフル代表
ジャンフル代表

お世話になります。最近メルカリSHOPsで販売を開始しました。簡単に出店ができます。今回これについて書いて行きます。

メルカリとメルカリSHOPsは、日本国内で人気の高いオンラインマーケットプレイスです。

どちらも出品者にとって便利なプラットフォームですが、それぞれ異なる特性があります。

本記事では、メルカリとメルカリSHOPsの違いを出品者目線で詳しく解説します。

最後までよろしくお願いいたします。

メルカリとは?

皆さんもご存じかと思いますがまずは通常のメルカリについて書いて行きます。

メルカリの特徴

メルカリは、個人間取引を主な目的としたフリマアプリです。スマートフォン一つで簡単に出品ができる手軽さが魅力で、多くのユーザーが利用しています。

対象ユーザー

メルカリは一般個人を対象としています。家庭で不要になったアイテムを簡単に出品して販売することができます。

出品手続きの簡便さ

メルカリの大きな魅力の一つは、その出品の手軽さです。写真を撮影し、商品情報を入力するだけで、すぐに出品が完了します。特別な知識やスキルがなくても、誰でも簡単に利用できます。

手数料

メルカリでは、販売額の10%が出品手数料として課されます。これは商品が売れた時にのみ発生するため、無駄なコストをかけずに出品が可能です。

発送方法

メルカリでは、メルカリ便やその他の配送方法を選択できます。メルカリ便を利用すると、匿名配送が可能で、購入者に住所を知られることなく取引ができるため、プライバシーを守りやすいです。

コミュニケーション

購入者とのやり取りは、メルカリ内のメッセージ機能を使って行います。これにより、取引の詳細や発送の確認などを簡単にコミュニケーションできます。

在庫管理

メルカリでは、出品者自身が在庫管理を行います。手動での管理となるため、出品数が多い場合は少し手間がかかることもあります。

メルカリのメリットとデメリット

メリット

  • 出品の手軽さ: スマートフォンから簡単に出品できる。
  • 広いユーザー層: 多くのユーザーが利用しているため、販売チャンスが広がる。
  • 匿名配送: メルカリ便を利用することでプライバシーを保護できる。

デメリット

  • 競争が激しい: 多くの出品者がいるため、価格設定や商品説明が重要。
  • 手動での在庫管理: 在庫管理が手間になることもある。

メルカリSHOPsとは?

メルカリSHOPsの特徴

メルカリSHOPsは、ビジネスユーザー向けのオンラインマーケットプレイスです。個人ではなく、小売業者や法人、ビジネスユーザーが主な対象となっています。

対象ユーザー

メルカリSHOPsは、主に小売業者や法人、ビジネスユーザーを対象としています。ブランドや店舗を持つ事業者が、オンラインで商品の販売を行うのに適しています。

出品手続きの簡便さ

メルカリと同様に、スマートフォンから簡単に出品が可能です。しかし、メルカリSHOPsでは、よりビジネス向けの機能が充実しており、複数の商品を効率的に管理できます。

手数料

メルカリSHOPsの出品手数料も販売額の10%です。この手数料は商品が売れた時にのみ発生します。

発送方法

メルカリSHOPsでも、メルカリ便やその他の配送方法が利用可能です。特に、ビジネスユーザー向けに物流機能が強化されています。

コミュニケーション

メルカリSHOPsでは、メッセージ機能を通じて購入者とやり取りが可能です。ビジネス向けに整備されたコミュニケーションツールが提供されています。

在庫管理

メルカリSHOPsでは、システムによる在庫管理機能が強化されています。これにより、複数の商品を効率的に管理し、在庫切れや過剰在庫を防ぐことができます。

カスタマイズ

メルカリSHOPsでは、店舗ページをカスタマイズすることができます。ブランドイメージを強化し、顧客に対して一貫したメッセージを伝えることができます。

メルカリSHOPsのメリットとデメリット

メリット

  • ビジネス向けのサポートや機能: ビジネスユーザー向けに特化したサポートが提供される。
  • 在庫管理の効率化: システムによる在庫管理機能が強化されている。
  • ショップページのカスタマイズ: ブランドイメージを強化できる。

デメリット

  • やや複雑: 初めてのユーザーには機能が多く、やや複雑に感じることも。
  • 手数料は同じ: 手数料はメルカリと同様に10%であるため、コスト面での優位性はない。

メルカリとメルカリSHOPsの共通点

メルカリとメルカリSHOPsには共通する点も多くあります。

出品の手軽さ

どちらのプラットフォームも、スマートフォンから簡単に出品が可能です。写真を撮影し、商品情報を入力するだけで出品が完了します。

手数料

両者ともに販売額の10%が出品手数料として課されます。この手数料は商品が売れた時にのみ発生します。

発送方法

メルカリ便を含む多様な配送方法が利用可能です。匿名配送や追跡サービスなど、安心して取引を行える仕組みが整っています。

メルカリとメルカリSHOPsの違いまとめ

メルカリとメルカリSHOPsの違いをまとめると、以下のようになります。

メルカリ

  • 対象: 一般個人
  • 手軽さ: スマートフォンから簡単に出品が可能
  • 手数料: 販売額の10%
  • 発送方法: メルカリ便や他の配送方法を選択可能
  • コミュニケーション: 購入者と直接メッセージでやり取り可能
  • 在庫管理: 自身で在庫を管理

メルカリSHOPs

  • 対象: 小売業者や法人、ビジネスユーザー
  • 手軽さ: スマートフォンから簡単に出品が可能
  • 手数料: 販売額の10%
  • 発送方法: メルカリ便や他の配送方法を選択可能
  • コミュニケーション: メッセージ機能があるが、ビジネス向けに整備されている
  • 在庫管理: システムによる在庫管理機能が強化されている
  • カスタマイズ: 店舗ページのカスタマイズが可能

どちらのプラットフォームも、それぞれのニーズに応じた利便性を提供しています。出品者は、自身の販売スタイルや目標に応じて、最適なプラットフォームを選択することが重要です。メルカリは手軽に不要品を売りたい個人に最適であり、メルカリSHOPsは本格的にビジネスを展開したい事業者に向いています。

どちらを選ぶにしても、それぞれのプラットフォームの特性を理解し、効果的に活用することで、より良い販売体験を得ることができるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました