店舗ビジネスやネットビジネスの広告についての注意

お世話になります、ジャンフル田畑です。

 

今日もコロナに負けずに頑張って仕事しております。

 

現時点で東京も一日60人以上の感染者がテレビで報告されております。

 

オリンピックの延期の報道から更に加速して感染者が増えております。

 

弊社としてはあまり変わらず営業しておりますが少しネットでの販売が鈍化したイメージです。

 

飲食店の打撃からするとまだマシなのかと思いますが小売業も打撃をうけているかと思います。

 

不要不急の外出は禁止!!

 

こんな言葉は今まで聞いたことがないです。

 

そのくらい重大局面であると理解しております。

 

今日は真面目は広告について少しだけ。

 

広告費の種類について、どんな広告があるか?

 

物販もやっている弊社のスタンスで考えて見ました。

 

こんな広告があるかと思います。

  1. ネット広告(動画広告)
  2. 折込チラシ
  3. ポスティング
  4. 口コミ
  5. 看板
  6. SNSによる発信
  7. DM
  8. ライン公式アカウント(旧ライン@)
  9. ホームページ

 

店舗ビジネスもしておりますが広告はいろいろやってきました。

 

最近は全くやっておりません・・・

 

ここでいうとSNSくらいですねw

 

チラシもやってましたがこれも現在はやめました。

 

いろいろ理由がございますがまぁ~あとでw

 

ランチェスターを応用!広告の仕方も弱者と強者では違う

 

私はこれツイッターでも何回も言ってますね。

 

弱者と強者の戦略を間違ってはいけません。

 

またランチェスター戦力も応用してください。

 

お金があるからと言って強者と同じように広告を売ってはいけません。

 

ネットビジネスはまだいいかもしれませんが店舗ビジネスは危険です。

 

折込チラシも大手と同じような頻度で打てばたちまち資金ショートします。

 

弊社が買取ビジネスで実践した広告

 

おわかりのとおり資金がとにかくなくなって挑戦した古着ビジネス

 

出来るだけお金をかけたくないと思いましていろいろ勉強しました。

 

  1. SNS
  2. お店のブログ
  3. チラシを手配り
  4. グーグルマップ登録(MEO)
  5. 口コミ

 

これくらいです、あとは地道にお客さまに紹介してもらったり。

 

買取はかなり増えました、結果的には家賃が高くお店は移転しましたが、買取のお客様はかなり増やすことができました。

 

とくにチラシをお客様に渡すことはよかったと思っております。

 

大手は折込チラシですが弊社は一人一人に丁寧に配りました。

 

これはランチェスター戦略で局地戦に持ち込んで対抗したわけです。

 

大手とは資本力が違います、相手が嫌がる広告を打たなければいけません。

 

店舗ビジネスの方は費用が安くなりますので是非実践してみてください。

 

斉藤一人さんから教わった広告の方法

 

相変わらずビジネスの面から見ても最高の一人さんからの教わった方法を以前パクってツイートしましたw

 

 

これには感動したのを覚えております。

 

つまり広告をしたところでお店自体が劣化していたら全く効果がないということです。

 

ネットでもそうです、売れやすい商品説明、画像などなど。

 

常にお客様目線を気にすることで広告がいきてきます。

 

これは広告をうつ上で絶対に実践して欲しいことです。

 

これを実践しないで私もよくやらかしてました笑

 

最後にまとめ

 

広告はとっても大事です、YOUTUBEも大手企業が広告をうってますね。

 

多くに人に知ってもらうことが本当に大事です。

 

ですので常に新規のお客様を開拓して商売を長く続けれるように頑張りましょう!!

 

今日はこんな感じです、またリライトして行きます!

 

ではでは

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました