茹でガエル現象知ってますか?ビジネスにも使えることわざです。

 

御世話になります。ジャンフル田畑です。

兵庫県北部に位置する朝来市和田山町

その和田山にある和田山イオン内に本社がございましたが

令和元年5月31日で閉店いたしました。

私がここで学んだことは多数ございます。19年ですからね~

本当に頑張りました♪自分自身を褒めてやりたいと思います。

ビジネスにおいて陥りやすい現象を今回ブログにしてみました!!

昔の私に言いたいので記事にしております♪

『茹でガエル』現象を知ってますか?

茹でガエル(ゆでガエル)、茹でガエル現象(ゆでガエルげんしょう)、茹でガエルの法則(ゆでガエルのほうそく)とは、ビジネス環境の変化に対応する事の重要性、困難性を指摘するために用いられる警句のひとつ。 多くのコンサルタントや活動家などによって、自然科学上の実験結果であるかのように語られているが、実際には、カエルは温度が上がるほど激しく逃げようとするため疑似科学的な作り話が広まったものである。

出典:ウィキペディア

常温の水に入れて徐々に熱すると、カエルはその温度変化に慣れていき、

命の危機と気づかないうちにゆであがって死んでしまうという話のことです。

まさにこれはビジネスでも多々ございます、私がそれ笑

また結婚生活、会社員の方にもつかえるかもしれません。

始めから熱いお湯なら絶対に入らないんですよね~

例えばお店を出して当時が売れ売れ、その後回りにいろんなお店が出来て

売上が少しづつ現象、しかしながら我慢・・。

結果的に閉店の追い込まれる、そんな感じです。

私が『茹でガエル』と気がつかなかった理由

改めてこれ書いておきます。そして私もこれ頭に叩き込みます。

もう二度とならないように、理由は二つございます。

・パンチドランカー??で思考停止していた。

不景気という波が来ておりました。そうです、わかっておりました。

売上が少しづつ下がっていきます、もう毎日パンチをもらっている状態・・。

どうしよもない、ただ毎日が過ぎていく状態でした。

周りのお店も同じように営業。店の今後については考えようとしてなかった

思考停止状態です。

・意地になり維持しようとした。

先ほどの思考停止についてはお店について全く考えないようにしておりました。

『閉店』という選択肢が元々なかったと思う。

大きな理由は雇ってもらっていた社長から譲ってもらったお店だったから。

今思えばそれがかなりの理由を占めます。本社でもありますし。

しかし毎日売上をあげていかないとやっていけません。

その結果、ここから維持しようとします、

意地になっていろいろ考えて行動するようになります。

このあたりは私のいいところなんですが笑

卸、ネット販売の強化などなど外商、そして路面店2店舗出店しました。

つまりお店の閉店のこと以外は思考停止ではなくしっかり稼ぐことができ始めます。

かなり足腰が強くなりました。

お店の売上関係なく売上があがるようになりました。しかも利益率も最強♪

不採算のお店でしたが商いとしてはしっかり復活できておりました。

しかしお店を閉店して家賃の安いお店に移転すればもっと爆進するなんて

当時はやっぱり考えなかった。そして今年に入りましてやっと決心しまして閉店になりました。

路面で最強に安い物件を見つけまして決意したのです。

『茹でガエル』にならないために

私のようにならないようにお伝えするべく

茹でガエルにならない為には以下のことを守ってください。

これはいろんなビジネスで使えると思います。

・早い段階で損切りする勇気を持つ

もうお分かりかとおもいます、家賃という固定費が掛かっている、そして人件費もいる

私のお店は営業時間も長く私が入っていたとしても私の時間が拘束されます。

今やインターネットがありますのでいろいろ仕事できますが、他店様のように

そのお店で売上を上げるモデルであれば地獄だったと思います。

まぁそもそもお店ってそういうものなんですが笑

お店単位での収支のバランスを見ながら早い段階で損切りする勇気をもつ!

それにつきると思います。私は意地になってしまいました。

後に復活するようなことがあればいいのですがお店の場合は周りの環境が

悪化する可能性が大です、これからはこの損切り早いほうがいいです。

・学びながら自分を客観視することを怠らない

30代後半から猛烈に本を再び読むようになりました。

30代前半は完全に調子に乗っていて読むことすらしなくなりました。

ここでいろいろ学びまして、新しい行動、新しいビジネスもこの本のお陰なんです。

常に学ぶ姿勢が大事です、この『茹でガエル』も本からだったと思います。

そして常に自分のビジネスを客観視すること、これも同時に見て行きながら

進めていけばいいと思います。同業者が撤退していっております。

そんな状態も目の当たりにしている昨今、ますます客観視して自分のビジネスを

変化させていかなと潰れます。この学びと客観視は大事かと思います。

最後にまとめ

如何でしたでしょうか??この現象ってサラリーマンでもあるかと思います。

日本人は我慢が好きなので毎日をこなすことが得意ではないかと思います。

リストラ時代です。

以前に記事にしました。

>>>45歳でリストラが始っている?副業の情報も配信予定です。

ですのでこんな時代になってしまいましたが

自分がどんな状態かをよく理解してみてください。

私のようにならない為にも笑

サラリーマンでしたら肩を叩かれておわり・・・その後途方に暮れるかもしれません。

ですので自分の稼ぐ力を身につける、これが必須です。

事業主なら売上、経費のバランスを常に注視して目を背けないことです。

また事業の将来性を良く考えて選択していってください。

今日はそんな感じです。

ではでは

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました